看護師の気になる給料・年収の内情を一挙公開中!

看護師と准看護師の定義

保健師・助産師・看護師・准看護師の資格や業務について定められた法律があります。

それが、「保健師助産師看護師法」です。

この法律の定義では、「看護師とは、厚生大臣の免許を受けて、傷病者もしくは褥婦に対する療養上の世話または診療の補助を行うことを業とする者をいう」とあります。

また、「准看護師とは、都道府県知事免許を受けて、医師・歯科医師、または看護師の指示を受けて、傷病者もしくは褥婦に対する療養上の世話または診療の補助を行うことを業とする者をいう」とあります。

※褥婦=出産後の女性

※療養上の世話というのは、療養中の患者または褥婦に対して、その症状に対して行う医学的知識および技術を必要とする世話のこと。

※診療の補助とは、医師・歯科医師が患者を診断治療する際に行う補助 行為のことです。

このことから分かるように、准看護師は看護師の下で働くイメージがあるのです。

仕事内容の違いは?

看護師と准看護師の仕事内容には違いがあるのでしょうか?

民間病院では、、看護師と准看護師という資格の違いで、通常業務で格差がある事はあまりありません。

でも、これは民間病院だからかもしれません。

公的な病院や大学病院などでは准看護師は採用されないので、働いていませんし、教育システムが整っていて、新卒から3年間は一人前とみなされず、指導者がついていたりする事が普通です。

民間病院では慣れてくるまでは誰か指導してくれる先輩がいるにしても、そのうちに独り立ちして、みんなが同じような看護を提供できるように自分が
努力してかなくてはなりません。

それでも、看護師と准看護師では、長い目で見ると給料に差があったり、出世に大きな違いがあります。

看護師は主任や師長になることができますが、准看護師では出世することはできないのが現実です。

資格試験の難易度の違い

看護師と准看護師の一番の違いは、看護師は国家資格であること。

准看護師は都道府県知事資格であることです。

看護師は一般的な進学方法ですと、3年間看護師養成所で学びます。

准看護師は准看護師養成所で2年間学ぶことになります。

この1年間という開きは大きいです。

准看護師の学校では学ぶことができないようなことも、看護師学校では教えていたり、やはり格段と知識の差、求められるレベルの差があります。

看護師の国家試験は1年に1度、2月の下旬に行われます。

それに対して准看護師試験は各地の都道府県で行われています。

大体2月下旬から3月のはじめくらいまでの間に試験があり、地方によって試験のレベルも異なっています。

准看護師試験は複数の都道府県で受験して、どこか1つでも合格していれば、資格が発生するのがメリットです。

看護師の給料明細メニュー